上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!

こうして節目の試合では、インターネット速報風にお楽しみいただきます。


本日放送のゲームは…

第7節
パロス ‐ バルセロナ


間なしでの3連戦、パロス3戦目はホームにバルセロナを迎えての一戦です。

現在の勝ち点を見てみましょう。

レアルマドリー 16
パロス 16
バルセロナ 15
バレンシア 15
レバンテ 12


2位と3位の直接対決。正直、戦力的にはバルセロナが上ではありますが、負けられません。
22人で戦うパロス、3連戦の3戦目で疲労は隠せません。どのようなメンバーで来るでしょうか?
対するバルセロナは、GKバルデス、DFプジョル、MFシャビが代表召集のため不在です。こちらもどのようなスタメンを組んでくるか。


スタメン発表です!
まずはアウェイのバルセロナから。

GKジョルケラ、DFマルケス、テュラム、ザンブロッタ、シウビーニョ、MFモッタ、デコ、ロナウジーニョ、FWグジョンセン、サビオラ、エトー

いくら代表召集とはいえ豪華メンバーです。シウビーニョ、モッタを使ってきましたね。FW陣のスピードは要警戒です。

対するホームのパロスのスタメンです。

GKアレル、DFグーフィー、プリム、ギールセン、ラスキン、MFスタイン、リース、マッコ、ヒメレス、FWおれ、オルダス

ソラの疲労度を考慮しておれがトップ、スタインとリースがダブルボランチを組みます。相手の攻撃に対してはグーフィーとプリムのCBコンビを起用してきました(←いつも通りだろ)。やはり疲労度を考慮してのメンバー構成のようです。


さあ、選手入場。きれいな星空のもと、ナイトゲームです。


キックオフ!!

パロス、まずはパスを回してきます。
バルセロナ、FW陣が前を向くとスピードに乗ったドリブル来ますね。

前半10分、サビオラのパスを受けたグジョンセン、右サイドを駆け上がってシュート!これはヒメレスが身体を当てて枠に飛ばさせない。ゴールキック。

17分、マルケスのクリアボールをリースがセンターサークル付近からロングシュート!これはGKジョルケラがキャッチ。

19分、ギールセンを振り切ったエトーがフリーで抜け出す!左45度、内側に向き直ってのシュートはGKアレルの正面。

パロスはビルドアップでのミスが多い。しかしグーフィーとプリムがうまくスペースを消し、中央突破を阻む。

29分、ペナルティアーク付近でロナウジーニョからのパスをグジョンセンがダイレクトシュート!勢いのあるボールはGKアレルが正面でキャッチ。

31分、パロスは右サイドのマッコが中央へスルーパス。走り込んだリース、ペナルティエリアギリギリで前が開いてダイレクトシュート!これは惜しくもゴール右。

ロスタイム、サビオラが右サイドへ斜めにスルーパス、グジョンセンが持ち込んでシュートを放つが、GKアレルがキャッチ。


前半終了、0‐0です。パロスよく守ってはいますが、バルセロナの3トップがドリブルで持ち込むシーンもちらほら。GKアレルの攻守が光る。攻撃ではいかにオルダス、おれのフォローに行けるか。


後半開始!


4分、バルセロナ右サイドをサビオラが突破、中央に戻してデコがシュートするが、僅かにバーの上。

パロス、前線おれのキープからオルダス、リースらがフォローに行く形だが、シュートまで持ち込めない。

バルセロナは3トップにボールを集めるが、パロスは上手くワンサイドカットで中央突破させない。

バルセロナ、左サイドのシウビーニョがオーバーラップからクロス。これはプリムがクリア。

膠着状態。なかなかプレイが切れず、選手交代もなく進む。

ロスタイム、エトーが預けたボールからロナウジーニョが左サイドを突破。シュートは一度はグーフィーに跳ね返されるが、再びシュート!これはゴール右に流れる。


試合終了…


第7節
パロス 0‐0 バルセロナ

こんな大掛かりなプログラムを組みましたが、スコアレスドローでした(笑)まぁパロス側からすれば何とか勝ち点1を拾えたのでよしというところでしょうか。一応完封ですし。ボールキープは42:58、ボールタッチも134と163、バルセロナのボール支配が続きましたがやはりグーフィー、プリムは安定感がありました。

このあと、ミーティングなり考察なり、やってみようと思います。お楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。